HOME > 展覧会バックナンバー一覧

2017年の展覧会一覧

第四回 書展

DSCF2161.JPGDSCF2162.JPGDSCF2153.JPGDSCF2155.JPG

第19回 洋画展

DSCF2144.JPGDSCF2128.JPGDSCF2129.JPGDSCF2141.JPG

Mint chu chu Leatherいろいろな素材で作った鞄展

DSCF2093.JPGDSCF2099.JPGDSCF2108.JPGDSCF2103.JPG

四季折々の掛軸と墨蹟展

DSCF2078.JPGDSCF2077.JPGDSCF2087.JPGDSCF2073.JPG

紫野由貴工房 オープンハウス 染とデザイン展

DSCF2065.JPGDSCF2055.JPGDSCF2056.JPGDSCF2067.JPG

紫野由貴地図.jpg

「月紫」展

DSCF2032.JPGDSCF2043.JPGDSCF2046.JPGDSCF2039.JPG

有松絞り 竹田庄九郎からの伝承

             ━慶長13年創業━

DSCF2014.JPGDSCF2015.JPGDSCF2020.JPGDSCF2026.JPG

革びいどろ&革工芸展 後藤和子とアザミ革工芸グループ

DSCF2012.JPGDSCF1996.JPGDSCF1998.JPGDSCF2003.JPG

夏の暮らし展partⅡ ―ガラスと竹と白い器―

DSCF1959.JPGDSCF1972.JPGDSCF1977.JPGDSCF1978.JPG

夏の暮らし展partⅠ-木綿・竹布・麻布と藍染ー

DSCF1942.JPGDSCF1934.JPGDSCF1937.JPGDSCF1936.JPG

お盆のあかり展

DSCF1901.JPGDSCF1902.JPGDSCF1904.JPGDSCF1907.JPG

第9回ギャラリー高瀬川主催 郷土作家日本画展

DSCF1876.JPGDSCF1877.JPGDSCF1878.JPGDSCF1885.JPG

遊び心のBag ヴァグリエ展

DSCF1862.JPGDSCF1864.JPGDSCF1865.JPGDSCF1873.JPG

新庄貞嗣 萩焼展

DSCF1846.JPGDSCF1847.JPGDSCF1851.JPGDSCF1861.JPG

こくたせいこ染色展

DSCF1834.JPGDSCF1836.JPGDSCF1837.JPGDSCF1844-crop.JPG

端午の節句展

DSCF1648.JPGDSCF1643.JPGDSCF1656.JPGDSCF1649.JPG

河井一喜作陶展

DSCF1604.JPGDSCF1599.JPGDSCF1606.JPGDSCF1597.JPG

春のお道具市
―桜さくら日本の色―

DSCF1568.JPGDSCF1584.JPGDSCF1579.JPGDSCF1577.JPG

ひな人形作家展

DSCF1359.JPGDSCF1360.JPGDSCF1371.JPGDSCF1364.JPG

2月25日は天神様の日

DSCF1368.JPGDSCF1367.JPGDSCF0237.JPGDSCF0463.JPG

2016年の展覧会一覧

ひな人形作家展

DSCF0881.JPGDSCF0885.JPGDSCF0886.JPGDSCF0884.JPG

春のお道具市

DSCF0915.JPGDSCF0917.JPGDSCF0921.JPGDSCF0927.JPG

端午節句展

DSCF0937.JPGDSCF0942.JPGDSCF0940.JPGDSCF0947.JPG

こくたせいこ染色展

DSCF0977.JPGDSCF0978.JPGDSCF0979.JPGDSCF0981.JPG

藤田𠀋 縄文の風・木を打つ展

DSCF0991.JPGDSCF0996.JPGDSCF1003.JPGDSCF1001.JPG

石田充弘作陶展

DSCF1009.JPGDSCF1014.JPGDSCF1020.JPGDSCF1029.JPG

第8回郷土作家日本画展

DSCF1039.JPGDSCF1040.JPGDSCF1056.JPGDSCF1057.JPG

お盆のあかり展

DSCF1059.JPGDSCF1061.JPGDSCF1070.JPGDSCF1065.JPG

夏の暮らし展 partⅠ 木綿・竹布・麻と藍染の美

DSCF1096.JPGDSCF1097.JPGDSCF1099.JPGDSCF1104.JPG

夏の暮らし展 partⅡ ガラスと竹と白い器の涼

DSCF1113.JPGDSCF1115.JPGDSCF1119.JPGDSCF1137.JPG

有松絞り展

DSCF1147.JPGDSCF1149.JPGDSCF1151-1.JPGDSCF1153.JPG

秋の掛軸と墨蹟展

DSCF1193.JPGDSCF1194.JPGDSCF1195.JPGDSCF1199.JPG

ミントチュチュレザー 川口淳平の
いろいろな素材で作った鞄展

DSCF1215.JPGDSCF1213.JPGDSCF1211.JPGDSCF1226.JPG

舩木伸児 作陶展

DSCF1230.JPGDSCF1233.JPGDSCF1235.JPGDSCF1240.JPG

第18回 洋画展

DSCF1259.JPGDSCF1261.JPGDSCF1262.JPGDSCF1265.JPG

第3回 書展

DSCF1290.JPGDSCF1277.JPGDSCF1278.JPGDSCF1282.JPG

亀谷彩 漆作品展

DSCF1298.JPGDSCF1295.JPGDSCF1292.JPGDSCF1296.JPG

リムル 片桐光治 古代ビーズの装身具

DSCF1317.JPGDSCF1315.JPGDSCF1313.JPGDSCF1310.JPG

中央アジアの織物 キリム&ギャッベ展

DSCF1326.JPGDSCF1329.JPGDSCF1334.JPGDSCF1338.JPG

新春を寿ぐ室礼展

DSCF1342.JPGDSCF1343.JPGDSCF1349.JPGDSCF1356.JPG







2015年の展覧会一覧

ひな人形作家展

DSCF0168.JPGDSCF0190.JPGDSCF0191.JPGDSCF0195.JPG

2月25日は天神様の日

DSCF0237.JPGDSCF0238.JPGDSCF0241.JPGDSCF0239.JPGDSCF0240.JPG

桜を愛でる春のお道具市

DSCF0338.JPGDSCF0339.JPGDSCF0340.JPGDSCF0341.JPG

端午の節句展

IMG_6101.JPGIMG_6102.JPGIMG_6108.JPGIMG_6109.JPG

こくたせいこ染色展

DSCF0505.JPGDSCF0499.JPGDSCF0502.JPGDSCF0507.JPG

紫野由貴15周年オープンハウス

むらさき.jpgDSCF0510.JPGDSCF0511.JPGDSCF0524.JPG

IMG.jpg

遊び心のバッグ ヴァグリエ展

DSCF0547.JPGDSCF0549.JPGDSCF0555.JPGDSCF0562.JPG

河井久・河井一喜・河井達之 父子作陶展

DSCF0600.JPGDSCF0603.JPGDSCF0604.JPGDSCF0610.JPG

第7回 郷土作家日本画展

DSCF0626.JPGDSCF0618.JPGDSCF0620.JPGDSCF0623.JPG

お盆のあかり展

DSCF0634.JPGDSCF0630.JPGDSCF0631.JPGDSCF0633.JPG

2015夏の暮らし展Ⅰー木綿・竹布・麻布と藍染めの美ー

DSCF0665.JPGDSCF0666.JPGDSCF0667.JPGDSCF0680.JPG

2015夏の暮らし展Ⅱーガラスと竹と白い器展

DSCF0693.JPGDSCF0696.JPGDSCF0695.JPGDSCF0698.JPG

有松絞りの美ー古典から明日へー

DSCF0708.JPGDSCF0721-crop.JPGDSCF0711.JPGDSCF0709.JPG

秋の書画と墨蹟展

DSCF0725.JPGDSCF0726.JPGDSCF0727.JPGDSCF0728.JPG

出雲 恵風窯 服部全四郎 陶展
「赤・黒・灰・青への想いー彩いろ」

DSCF0756.JPGDSCF0757.JPGDSCF0758.JPGDSCF0764.JPG

中央アジアの染織 キリム&ギャッベ展

DSCF0769.JPGDSCF0771.JPGDSCF0772.JPGDSCF0775.JPG

第17回洋画展

DSCF0780.JPGDSCF0794.JPGDSCF0782.JPGDSCF0795.JPG

第二回 書展

DSCF0796.JPGDSCF0797.JPGDSCF0799.JPGDSCF0808.JPG

黒木郁朝 木版画と愛し人形展

DSCF0816.JPGDSCF0813.JPGDSCF0815.JPGDSCF0824.JPG

リムルの古代ビーズ&ジュエリー展

DSCF0836.JPGDSCF0842.JPGDSCF0845.JPGDSCF0835.JPG

新春を寿ぐ室礼展

DSCF0856.JPGDSCF0857.JPGDSCF0858.JPGDSCF0860.JPG








2014年の展覧会一覧

ひな人形作家展

002.JPG005.JPG008.JPG011.JPG

春のお道具市

桜を愛でる お道具市 002.JPG桜を愛でる お道具市 003.JPG桜を愛でる お道具市 005.JPG桜を愛でる お道具市 006.JPG

端午の節句展

007.JPG008.JPG010.JPG012.JPG

こくたせいこ染色展

2014こくた展 004.JPG2014こくた展 006.JPG2014こくた展 008.JPG2014こくた展 009.JPG

月岡三郎 作陶展

2014月岡002.JPG2014月岡006.JPG2014月岡009.JPG2014月岡003.JPG

第6回 郷土作家による日本画展

第6回日本画展 001.JPG第6回日本画展 003.JPG第6回日本画展 009.JPG第6回日本画展 005.JPG

道明の組紐展

003.JPG004.JPG007.JPG008.JPG

山本達長 作陶展

山本 織部2014 002.JPG山本 織部2014 006.JPG山本 織部2014 010.JPG山本 織部2014 011.JPG

お盆のあかり展

019.JPG022.JPG027.JPG

夏の暮らし展 PARTⅠ

2014夏の暮らし展 001.JPG2014夏の暮らし展 003.JPG2014夏の暮らし展 004.JPG2014夏の暮らし展 005.JPG

夏の暮らし展 PARTⅡ

夏の暮らし展 PARTⅡ もっと素敵に! 001.JPG夏の暮らし展 PARTⅡ もっと素敵に! 009.JPG夏の暮らし展 PARTⅡ もっと素敵に! 012.JPG夏の暮らし展 PARTⅡ もっと素敵に! 013.JPG

日本の人形展

2014人形展 013.JPG2014人形展 016.JPG2014人形展 018.JPG2014人形展 019.JPG

新庄貞嗣 作陶展

新庄展 001.JPG新庄展 002.JPG新庄展 003.JPG新庄展 004.JPG

中央アジアの織・キリム&ギャッベ と 石橋優マチナミ

2014キリム&ギャッベ 001.JPG2014キリム&ギャッベ 005.JPG石橋優 002.JPG石橋優 004.JPG

片桐光治 古代装身具展

2014 リムル 001.JPG2014 リムル 002.JPG2014 リムル 007.JPG2014 リムル 009.JPG

第16回洋画展

001.JPG002.JPG003.JPG006.JPG

書の美展

002.JPG003.JPG004.JPG005.JPG

四季を描いた日本画掛軸と高僧の墨蹟展

bokuseki 001.JPGbokuseki 002.JPGbokuseki 003.JPGbokuseki 004.JPG

吾郷宗子・藤井洋子 二人展

吾郷・藤井展 002.JPG吾郷・藤井展 009.JPG吾郷・藤井展 003.JPG吾郷・藤井展 012.JPG

池田あきこ 猫のダヤン フェスティバル

004.JPG005.JPG002.JPG007.JPG

新春を寿ぐ室礼展

DSCF0162.JPGDSCF0163.JPGDSCF0166.JPGDSCF0165.JPG























2013年の展覧会一覧

ひな人形展

139_1.jpg139_2.jpg139_3.jpg

2月25日は天神さまの日

140_1.jpg140_2.jpg140_3.jpg140_4.jpg

春はあけぼの お道具市

141_1.jpg141_2.jpg141_3.jpg141_4.jpg

端午の節句展

こくたせいこ染色展

IMG_3880.JPGIMG_3911.JPGIMG_3885.JPGIMG_3917.JPG

新庄貞嗣作陶展

IMG_3941.JPGIMG_3943.JPGIMG_3955.JPGIMG_3956.JPG

新庄貞嗣 略歴

昭和二五年    十三代寒山(忠相)の長男として生まれる
昭和五○年    東京芸術大学彫刻科卒業
昭和五二年    東京芸術大学大学院彫刻専攻修了
昭和五三年    京都市工業試験場陶磁器研修生修了
         山口県美術展知事賞
昭和五五年    西部工芸展入選(以後数回)
         日本伝統工芸展初入選(以後も入選を重ねる)
昭和五六年    西日本陶芸美術展入選
         日本陶芸展初入選(以後も入選を重ねる)
昭和五七年    山口県美術展最優秀賞
昭和五八年    西日本陶芸美術展奨励賞・山口県知事賞
         日本工芸会正会員となる
         山口県美術展優秀賞
         防長青年館陶壁(山口市)
昭和五九年    西日本陶芸美術展優秀賞・通産大臣賞
         茶の湯の造形展奨励賞(以後も入選を重ねる)
         山口県美術展最優秀賞
昭和六○年    山口県美術展佳作賞
昭和六二年    第一回長門市教育文化体育振興奨励賞
         伝統工芸新作展(山口支部)朝日新聞社賞
         山口県芸術文化振興奨励賞
昭和六三年    山口県美術展佳作賞
平成二年     明日への茶道美術公募展入選
         山口県美術展佳作賞
平成三年     伝統工芸新作展(山口支部)朝日新聞社賞
         中国地方陶芸秀作展(中国電力主催)
         山口県社会福祉会館陶壁「逢う」(山口市)
平成四年     山陽・山陰路の現代陶芸展(東広島市立美術館)
         伝統工芸新作展(山口支部)記念大賞
平成五年     伝統工芸新作展(山口支部)NHK山口放送局賞
         大英博物館収蔵
平成六年     下関社会保険健康センター陶壁「弾む・光る」
平成七年     おおうちビル陶壁「律」(広島市)
平成八年     山陽・山陰路の現代陶芸展
平成九年     深川萩五人展(ニューヨーク)
         伝統工芸新作展(山口支部)下関市長賞
平成十一年    『やきもの探訪』(NHK―BS)出演
平成十二年    萩焼400年パリ展
平成十三年    萩焼400年展(東京・京都・福岡・萩)
         山水園陶壁「華」(山口市)
平成十四年    宮内庁御買い上げ
         「ふるさとのアーティストたち」展(山口県立美術館)
平成十五年    東京国立近代美術館収蔵
平成十七年    第三回世界陶磁ビエンナーレ
           国際ワークショップ参加(韓国)
         山口県選奨(芸術・文化功労)受賞
平成二〇年    「萩陶芸の伝統~継承と革新~」展
                  (山口県立萩美術館・浦上記念館)
平成二一年    慶尚南道茶碗展(韓国)セミナー講演
         「萩藩御用窯と銘茶器」~伝統の萩焼~展(毛利博物館)

主な収蔵先    国際交流基金 山口県立美術館 田部美術館 そごう美術館
         大英博物館 ホノルル美術館 東広島市美術館 毛利博物館
         東京国立近代美術館

石田充弘 作陶展

石田充弘展 010.JPG石田充弘展 003.JPG石田充弘展 001.JPG石田充弘展 007.JPG

第5回 郷土作家による日本画展

第5回日本画展 004.JPG第5回日本画展 005.JPG第5回日本画展 008.JPG

「お盆のあかり展」

2013あかり展 009.JPG2013あかり展 001.JPG2013あかり展 005.JPG2013あかり展 008.JPG

夏の暮らし展

2013夏のくらし 003.JPG2013夏のくらし 002.JPG2013夏のくらし 005.JPG2013夏のくらし 007.JPG

秋のはじまりにHINAYA-KYOTOから 

003.JPG002.JPG004.JPG006.JPG

秋の書画と墨蹟展

建仁寺 竹田益州.JPG弧篷庵 小堀卓厳「山の井」.JPG今井景樹「砧」.jpg

紫野由紀 〜工房祭り〜


会場案内↓↓↓クリックして拡大↓↓↓
IMG.jpg

心のいれもの・遊びのバッグ〜ヴァグリエ展

005.JPG006.JPG013.JPG014.JPG

リムル・片桐光治 古代ビーズ装身具展

高瀬川様DM写真2.JPG2013リムル・片桐展 007.JPG2013リムル・片桐展 005.JPG唯山様古代ギリシャ青銅&トンボ玉.JPG

第15回洋画展

2013年第15回洋画展 001.JPG2013年第15回洋画展 004.JPG2013年第15回洋画展 010.JPG2013年第15回洋画展 016.JPG

おしゃれ骨董 利生庵展

002.JPG004.JPG008.JPG

石橋優のマチナミ と 中央アジアの織キリム&ギャッベ

マチナミ&ギャッベ・キリム 004.JPGマチナミ&ギャッベ・キリム 006.JPGマチナミ&ギャッベ・キリム 007.JPGマチナミ&ギャッベ・キリム 011.JPG

ねこのダヤン生誕30周年 版画展

ダヤン 001.JPGダヤン 003.JPGダヤン 006.JPGダヤン 007.JPG

新春を寿ぐ室礼展

しつらえ展 002.JPGしつらえ展 006.JPGしつらえ展 010.JPGしつらえ展 011.JPG室礼 002.JPG







2012年の展覧会一覧

ひな人形作家展

115_1.jpg115_2.jpg115_3.jpg115_4.jpg

月岡三郎 開窯30年作陶展展

116_1.jpg116_2.jpg116_3.jpg116_4.jpg

端午の節句展

117_1.jpg117_2.jpg117_3.jpg117_4.jpg

こくたせいこ染色展

118_1.jpg118_2.jpg118_3.jpg118_4.jpg

中雄将 油絵遺作展

120_1.jpg120_2.jpg120_3.jpg120_4.jpg

山本達長 作陶展

122_1.jpg122_2.jpg122_3.jpg122_4.jpg

道明の組紐と青土の麻のきもの・帯展

124_1.jpg124_2.jpg124_3.jpg124_4.jpg

郷土作家による日本画展

126_1.jpg126_2.jpg126_3.jpg126_4.jpg

お盆のあかり展

127_1.jpg127_2.jpg127_3.jpg127_4.jpg

夏のくらし展 前期

128_1.jpg128_2.jpg128_3.jpg128_4.jpg

夏のくらし展 後期 

129_1.jpg129_2.jpg129_3.jpg129_4.jpg

AKIHIKO IZUKURA 身につけるアート展

130_1.jpg130_2.jpg130_3.jpg130_4.jpg

秋の書画と墨蹟展

131_1.jpg131_2.jpg131_3.jpg131_4.jpg

リムルの古代装身具展

132_1.jpg132_2.jpg132_3.jpg132_4.jpg

木彫展

133_1.jpg133_2.jpg133_3.jpg133_4.jpg

第14回洋画展

134_1.jpg134_2.jpg134_3.jpg134_4.jpg

キリムやギャッベを楽しむ

135_1.jpg135_2.jpg135_3.jpg135_4.jpg

野々内政美「出雲の神々展」

136_1.jpg136_2.jpg136_3.jpg136_4.jpg

あ!ダヤン! お久しぶり

137_1.jpg137_4.jpg137_3.jpg137_2.jpg

新春を寿ぐ室礼(しつらえ)展

138_1.jpg138_2.jpg138_3.jpg138_4.jpg

2011年の展覧会一覧

ひな人形作家展

90_1.jpg90_2.jpg90_3.jpg90_4.jpg

2月25日は天神さまの日

91_2.jpg91_3.jpg91_4.jpg91_1.jpg

草間の春をみせばや 掛け軸とお道具市

92_1.jpg92_2.jpg92_3.jpg92_4.jpg

端午の節句展

93_1.jpg93_2.jpg93_3.jpg93_4.jpg

2011 こくたせいこ染色展

95_1.jpg95_2.jpg95_3.jpg95_4.jpg

遊びの好きなバッグの工房ヴァグリエ 子安一子展

96_1.jpg96_2.jpg96_3.jpg96_4.jpg

林泰石 2011出雲展~悠久の時を越えて~

97_1.jpg97_2.jpg97_3.jpg97_4.jpg

紫野由貴 工房オープンハウス

98_1.jpg98_2.jpg98_3.jpg98_4.jpg

第3回 ギャラリー高瀬川主催日本画展

99_1.jpg99_2.jpg99_3.jpg99_4.jpg

麻への憧れ 青土(あおに)の夏衣

100_1.jpg100_2.jpg100_3.jpg100_4.jpg

お盆のあかりと墨蹟展

101_1.jpg101_2.jpg101_3.jpg101_4.jpg

「私の出雲神話」挿絵原画展

102_1.jpg102_2.jpg102_3.jpg102_4.jpg

夏風情「涼」展

103_1.jpg103_2.jpg103_3.jpg103_4.jpg

島根県ふるさと伝統工芸 出雲市会員展

104_1.jpg104_2.jpg104_3.jpg104_4.jpg

AKIHIKO IZUKURA アートを着る

105_1.jpg105_2.jpg105_3.jpg105_4.jpg

秋の書画・墨蹟展

106_1.jpg106_3.jpg106_2.jpg106_4.jpg

リムルの古代装身具展

107_1.jpg107_2.jpg107_3.jpg107_4.jpg

手のひらの宇宙展

108_1.jpg108_2.jpg108_3.jpg108_4.jpg

柳楽勝重 作陶展

109_1.jpg109_2.jpg109_3.jpg109_4.jpg

第13回洋画展

110_1.jpg110_4.jpg110_3.jpg110_2.jpg

若槻十鴻 書作展

111_1.jpg111_2.jpg111_3.jpg111_4.jpg

Beatrice(ベアトリーチェ) & 橋本白道 作陶展

112_1.jpg112_2.jpg112_3.jpg112_4.jpg

渡辺俊明 かたりをもう一度

113_1.jpg113_2.jpg113_3.jpg113_4.jpg



新春を寿ぐ室礼(しつらえ)展

114_1.jpg114_2.jpg114_3.jpg114_4.jpg

2010年の展覧会一覧

ひな人形作家展

64_1.jpg64_2.jpg64_3.jpg64_4.jpg

25日は天神様の日

65_1.jpg65_2.jpg65_3.jpg65_4.jpg

早春のお道具市 手塚圭成茶釜展[ 2010年3月10日(水)~18日(木)]

67_1.jpg67_2.jpg67_3.jpg67_4.jpg

端午の節句展

69_1.jpg69_2.jpg69_3.jpg69_4.jpg

こくたせいこ染色展

70_1.jpg70_2.jpg70_3.jpg70_4.jpg

道明の組紐展

71_1.jpg71_2.jpg71_3.jpg71_4.jpg

河井久・一喜・達之 父子陶芸展

72_1.jpg72_2.jpg72_3.jpg72_4.jpg

第2回 ギャラリー高瀬川主催 日本画展

73_1.jpg73_2.jpg73_3.jpg73_4.jpg

白へのあこがれ 麻のシャツ展

74_1.jpg74_2.jpg74_3.jpg74_4.jpg

お盆のあかりと墨蹟展

75_1.jpg75_3.jpg75_2.jpg75_4.jpg

藍染作品展

76_1.jpg76_3.jpg76_2.jpg76_4.jpg

出雲の工芸・手仕事展

77_1.jpg77_2.jpg77_3.jpg77_4.jpg

さわやかテーブルウエア作品展

78_1.jpg78_2.jpg78_3.jpg78_4.jpg

AKIHIKO IZUKURA自然染織展

79_1.jpg79_2.jpg79_3.jpg79_4.jpg

こころを包む布展

80_1.jpg80_2.jpg80_3.jpg80_4.jpg

石田充弘作陶展

人形の愛み [ 2010年10月3日(日)~11日(体育の日)]

82_1.jpg82_2.jpg82_3.jpg82_4.jpg

おぼこ頭の御所人形を中心に展示販売いたします。

■出展
鈴木賢一
井野時夫
有松寿一
松崎幸一光
博多人形

月岡三郎作陶展 [ 2010年10月14日(木)~19日(火)]

83_1.jpg

練上げ技法を用い、美しい造形を生み出す月岡三郎氏の発表です。

シャープに稜線や弧を描きながらも、たおやかさを感じさせる造形。
作品の品格を重んずる作陶の姿勢は、古来の作家の思いと共通するものがありますが、過去の作品にとらわれることなく常に時代の先端を行く新しさを感じます。

水指、茶碗、銘々皿、鉢、ぐいのみ、花器 などご覧くださいませ。

第12回洋画展 [ 2010年10月22日(金)~31日(日)]

84_1.jpg84_2.jpg84_3.jpg84_4.jpg

秋恒例の洋画展に下記の11名の作家を迎えました。
春日裕次(出雲市)
金築秀俊(出雲市)
金本裕行(益田市)
北本雅己(出雲市)
佐藤收男(出雲市)
鳥屋尾敬(出雲市)
中川勝湖(出雲市)
野竹瑞子(出雲市)
原 孝夫(出雲市)
藤井文明(松江市)
槇原郁朗(出雲市)

日本画と墨蹟展 [ 2010年11月3日(文化の日)~10日(水)]

85_1.jpg85_2.jpg85_3.jpg85_4.jpg

日本の心を詩う日本画と、高僧の揮毫された禅語の墨蹟展覧会です。
禅の言葉が読めて、理解できれば、奥深い心の世界に遊べてどんなに楽しい事かと思います。

理解の手助けを、出雲市にあります 臨済宗妙心寺派・観音寺、朝山一玄ご住職様にお願いいたしました。

11月4日10時半より、掛け軸作品の前で解説講話いただきます。

神迎えの季節に花人・舟木尚美[ 2010年11月13日(土)~17日(水)]

86_1.jpg86_2.jpg86_3.jpg86_4.jpg

神迎えの季節に、下記の方々に器協力をいただき、楽しくお花を活けたいと思います。

生花、ドライフラワー、木の実、苔、古木、石・・・などなど

素材もこだわりなく、自由におおらかに、遊びがコンセプトです。

■協力
陶器:安食ひろ、糸賀正和、石田充弘、三原 研
ステンドグラス:村上奠俊
ガラス:布野 康
染布:灯花・川越戀
古民具:さんあーる出雲

私の女神☆それぞれの今 [ 2010年11月20日(土)~28日(日)]

87_1.jpg87_2.jpg87_3.jpg87_4.jpg

希望や希い、美しいものへのあこがれ、愛するものなどを

“女神”

という言葉に置き換えて、四人それぞれの感性と手法で表現した作品を紹介します。
銀のアクセサリー   藤井洋子(川口市)
日本画        義村京子(川口市)
テラコッタ      高野浩子(出雲市出身・川口市)
テラコッタ      田村さつき(出雲市)

新春を寿ぐ室礼(しつらえ)展[ 2010年12月5日(日)~23日(天皇誕生日)]

88_1.jpg88_2.jpg88_3.jpg88_4.jpg

新しい年をすがすがしく迎えるための室礼の品々や今年一年のご縁に感謝し、心を込めてあの方この方への真心のプレゼントを、作家の手仕事の内からお選びください。

おしゃれで、アートフルな、作り手の感性豊なものはいつも魅力的です。

■出展
掛け軸「蓬莱山」「日の出図」
新春の茶碗
干支の置物
香合・御題香「葉」 カレンダー(渡辺俊明画、チャレンジアート画、菊地エミ画) 祝凧 など

2009年の展覧会一覧

2009年 ひな人形作家展

37_1.jpg37_2.jpg37_3.jpg37_4.jpg

1月4日(日)よりひな人形作家展を開催します。

初節句を迎える女の子のために、又、季節を彩る美術工芸としてのひな人形作家作品を存分にご覧くださいませ。

男の子には、初節句に天神さまの人形を贈るしきたりがあります。
出雲は菅原道真公の出生の地であるところから、賢く立派に育ってほしいという親の願いが込められています。これも出雲の文化です。
天神様の面立ちは、お雛様の殿の面立ちとは目元・口元・雰囲気が異なります。
ひな人形同様お顔立ち・衣装・トータルなデザインをきらためてお品選びくださいませ。

早春のお道具市 [ 2009年3月10日(火)~16日(月)]

38_1.jpg38_2.jpg38_3.jpg38_4.jpg

暮らしを彩るお道具_お茶人に愛され、古来の数寄者の眼にかなった品々を展示いたします。

江戸期から大正・昭和の古い時代の美しいもの、時を経てなお輝いているもの、無名の職人の手になる仕事をご覧くださませ。

■出展作品
茶碗・茶入・水指・棗・香合・風炉釜・日本画掛軸・人形 ・桜を描いた絵皿など

展覧会:am10:00~pm6:00

午の節句展 [ 2009年3月20日(金)~4月29日(みどりの日)]

39_1.jpg39_2.jpg39_3.jpg39_4.jpg

みどりの風を呑むこいのぼり
りりしい日本男児を象徴する武者人形

美しい鎧(よろい)・兜(かぶと)の紹介をします。

※毎年同じこの時期に「端午展」を開催していますので、昨年以前の端午展もクリックして見てください。

展覧会:am10:00~pm6:00

こくたせいこ染色展 [ 2009年5月3日(憲法記念日)~11日(月)]

40_1.jpg40_2.jpg40_3.jpg40_4.jpg

文様と色が抽象化し単純化するということは、染める面積が予め決まっている衣服の場合、そこには「空白」が生まれる。
その「空白」が様々な人の想いを招き入れる余地を生み、多様な女性たちにそれぞれの表情を与えるのだろう。
「わたしの染め布は懐を深くしているのかもしれない」と思えた訳はそこら辺りに潜んでいるのかもしれない。
こくたせいこ

■出展作品
ロウケツ染の技法による作品の発表です。
訪問着・帯・スーツ・ジャケット・コート・ブラウス・帽子・スカーフなど

展覧会:am10:00~pm6:00

遊びの好きなバッグの工房ヴァグリエ 子安一子展[ 2009年5月14日(木)~23日(土)]

41_1.jpg41_2.jpg41_3.jpg41_4.jpg

カジュアルなのにどこか贅沢。
シンプルだけど機能的。

そんな大人のおしゃれを楽しめる子安一子さんのバッグを紹介します。
自ら“旅が好き”とおっしゃるだけあって、使い勝手の心地よさは抜群です。
バッグもその人のファッションの一部であるとの思いから、提案された形・デザインは美しい。

画廊でバッグを発表?と思われるかも知れません。一度ご覧ください。
そこは「美」の世界です。

展覧会:am10:00~pm6:00

紫 野由貴 10周年工房まつり[ 2009年5月22日(金)~24日(日)]

42_1.jpg42_2.jpg42_3.jpg42_4.jpg

島根県掛合町にある、むらさき工房のオープンハウスです。
新作の発表にあわせ、地域の皆さんの出展協力があります。
ふれ藍工房のみなさんの布袋
かすみ陶芸
MACOCOのお菓子とパン
月舟のアクセサリーとおまんじゅう
須山さんと仲良しグループのお弁当
地元の野菜と山菜
のゆきちゃんのトムヤムクンスープ
ふれ藍工房の山菜煮
工房のまわりの山里は初夏の香りに満ちてます。
遊びにいらしてくださいませ。
お待ちいたします。

展覧会のお問い合わせは、ギャラリー高瀬川へ
TEL: 0853-22-3188

○場所 島根県雲南市掛合町多根 旧多根小学校前
○開催時間 am10:00~pm5:00

山田尚公 叩き彫展 [ 2009年5月26日(火)~31日(日)]

43_1.jpg43_2.jpg43_3.jpg43_4.jpg

祖父が始めた「叩き彫」です。
叩き彫は自分を語るものであってはならないと思います。
たとえばそれは神に捧げるものなのです。
作品は自分よりたいせつな「誰か」のために彫っているものだと思います。
「誰か」とは神様かもしれないし、あなたかもしれません。
山田尚公(やまだなおきみ)

■プロフィール
1956年 岡山県勝田郡生まれ
1980年 東京農工大学農学部卒、木彫を始める
1982年より父・昭雲との「叩き彫 父子展」にて作品発表
200~2007年 伊勢神宮神恩感謝祭の記念品を制作

第1回 ギャラリー高瀬川主催 日本画展[ 2009年6月3日(水)~11日(木)]

44_1.jpg44_2.jpg44_3.jpg44_4.jpg

日本の四季、季節のうつろい、気韻生動を描く日本画作品を展覧します。
色紙やサムホールの小品から10号サイズを中心に下記の出展者の作品をご覧くださいませ。
小豆澤 禮 (出雲市)
安部 弘延 (奥出雲町)
安部 富男 (松江市)
伊藤 廣男 (出雲市)
大森 幹雄 (出雲市)
小村 俊美 (出雲市)
河原 治子 (出雲市)
東野布由美 (出雲市)
平尾 博子 (出雲市)
福間小夜子 (斐川町)
森山 正治 (雲南市)
山谷 裕子 (雲南市)
展覧会開催時間は 朝10時~夕6時です。

お盆のあかりと墨蹟展 [ 2009年6月15日(月)~7月29日(水)]

45_1.jpg45_2.jpg45_3.jpg45_4.jpg

お盆の季節の暮らしの美を紹介します。
暑気を払う夏のお軸を展示いたします。
高僧墨蹟は禅の言葉が書かれ、茶席一番のお道具として扱われ、禅の心を味わいます。

お盆のあかりと墨蹟展 [ 2009年6月24日(水)~7月29日(水)]

46_1.jpg46_2.jpg46_4.jpg46_3.jpg

お盆に飾るあかりの展覧会です。

 和紙を通した灯かり、
 繭を透かした光、
 走馬灯を組み込んだ動きのある光、などなど

祈りをささげるときの道具として作られた提灯ですが、「光」の美しい提灯を選りすぐり紹介いたします。

藍染作品展 [ 2009年8月1日~8月10日]

47_1.jpg47_2.jpg47_4.jpg47_3.jpg

「藍」色の魅力を紹介します。

タペストリー・のれん・ベットクロス・洋服・バック・ストール・パラソル・スリッパ・反物生地 など
型染め・絞り染・先染め糸の織物の技法も多彩です。

展覧会:am10:00~pm6:00

48_1.jpg48_2.jpg48_3.jpg48_4.jpg

■出展
今岡由紀子(出雲市)
コスモスジャパン(京都市)
多々納桂子(島根・斐川町)
長田染工場(出雲市)
ふれ藍工房(島根・雲南市)
わたなべ(東京・自由が丘)

2009 出雲の工芸・手仕事展

49_1.jpg49_2.jpg49_3.jpg49_4.jpg

出雲に育った伝統工芸の紹介です。

伝統の技術が見事に現代の暮らしの用のものに花開いています。
物つくり人の心が汲み取れる作品をごらんくださいませ。

展覧会:am10:00~pm6:00

50_1.jpg50_2.jpg50_3.jpg50_4.jpg

■出展
漆工 石村英一
漆工 石村 稔
和紙 井谷伸次
和紙 荒木宏文
鉄工 高橋 勉
木工 中尾芳山
木工 森山 登
藍染 長田茂伸 ほか

さわやかテーブルウエア作品展

51_1.jpg51_2.jpg51_3.jpg51_4.jpg

晩夏の期に、清涼の気を ガラス・磁器・陶器の作品の中に求めます。

■出展
ガラス 玉田恭子(横浜市)
磁器  野津明美(出雲市)
陶器  三原嘉子(松江市)
陶器  烏田恵美子(斐川町) ほか

紫 優子 遊漆展 ~うるわし~[ 2009年9月12日(土)~18日(金)]

53_1.jpg53_2.jpg53_3.jpg53_4.jpg

今週は“漆”を施した美しい世界が広がります。

“うるし”といえば汁椀とかお膳とか日本古来の食文化を想像しますが、紫優子先生の場合、固定的な概念は全く度外視です。

漆の持つ厚みを感じさせる手触りの心地よさと、目を惑わす光沢にあらず、たおやかな反射光を放つ“漆”独特のつや感を大切にしつつ、自由な造形を試みます。

ベースは木地、陶器で表面に蒔絵、螺鈿などの技法を用い煎茶や抹茶のお道具やアールヌーボーからヒントを得た飾り壺、身につける装身具など暮らしの随所に輝きを添える作品を紹介いたします。

9月15日と17日は紫優子作品を煎茶道に取り込んだお点前披露もいたします。どうぞお煎茶をご賞味くださいませ。

遊び方々、お出ましくださいませ。

展覧会:am10:00~pm6:00

染司よしおか 吉岡幸雄 秋の彩り展[ 2009年9月21日(敬老の日)~30日(水)]

54_1.jpg54_2.jpg54_3.jpg54_4.jpg

日本の秋色はゆっくりとやってくる。
青葉のうえにうっすらと黄がかかって青朽葉に銀杏の葉は鮮やかになって黄朽葉に寒さがまして 露や霜がおりると紅葉は錦のような赤朽葉に。

染司よしおかは 植物染料によって、麗しい日本の彩りを表しております。
皆様のご来場をおまち申しております。
吉岡幸雄

■出展
のれん・生絹・バッグ・着物・帯・帯揚げ・袱紗・ハンカチ・座布団 など

展覧会:am10:00~pm6:00
※初日 午後2時より画廊にて「伝統の色について」のお話をいただきます。

秋佳日 ~日本画と人形を愛でる~

55_1.jpg55_2.jpg55_3.jpg55_4.jpg

秋の穏やかな陽差しの中で、日本画と創作人形を鑑賞ください。

■出展:日本画
 橋本関雪・須磨対水・青木大乗・庭山耕園・深田直城
 西沢笛畝・原石鼎・桑原視草・小豆澤禮・安部弘延

■出展:人形
 青戸慧・井野時夫・三輪博子・高野聖子・高木治美
 西頭哲三郎・松崎幸一光・錦織京子・吾郷江美子
 ほか

第11回ギャラリー高瀬川主催 洋画展

56_1.jpg56_2.jpg56_3.jpg56_4.jpg

秋恒例の洋画展です。

下記の出展者により10号~サムホールサイズの風景・静物・人物画の油絵やパステル画を出品いたします。
春日裕次(益田市)
金築秀俊(出雲市)
金本裕行(益田市)
北本雅己(出雲市)
佐藤收男(出雲市)
鳥屋尾敬(出雲市)
中川勝湖(出雲市)
野竹瑞子(出雲市)
原 孝夫(出雲市)
藤井文明(松江市)

萩焼・助右衛門窯 新庄貞嗣展 [ 2009年11月1日(日)~8日(日)]

57_1.jpg57_2.jpg57_3.jpg57_4.jpg

萩焼伝統の「白萩釉」は、調合や素地との組合わせ、焼き具合 などで様々に変化します。
白萩の趣きを是非ご覧下さい。

■出展
 茶碗・水指・花器・向付器・干支香合・盤

■プロフィール
昭和25年 十三代寒山(忠相)の長男として生まれる
昭和52年 東京芸術大学大学院彫刻専攻修了
昭和57年 日本工芸会正会員となる
昭和59年 田部美術館茶の湯の造形展奨励賞
平成 9年 深川萩五人展(ニューヨーク)
平成11年 『やきもの探訪』NHK-BS出演
平成12年 萩焼400年 パリ展
平成14年 宮内庁買い上げ
平成17年 第3回世界陶磁ビエンナーレ国際ワークショップ参加(韓国)
平成21年 慶尚南道茶碗展(韓国)セミナー講演
「萩藩御用窯と銘茶器」伝統の萩焼展(毛利博物館)
主な収蔵先 国際交流基金・山口県立美術館・田部美術館・そごう美術館・大英博物館
ホノルル美術館・東広島市美術館・毛利博物館・東京国立近代美術館
工房 山口県長門市

展覧会:am10:00~pm6:00

おしゃれ骨董 利生庵展 [ 2009年11月11日(水)~18日(水)]

58_1.jpg58_2.jpg58_3.jpg58_4.jpg

“時代を映す 心とかたち”

利生庵(りしょうあん)を始めたときに考えたことばです。
今はその残されたものの中にその時代の人々を思っています。
今では美を愛でる力こそ、その国の姿を創ってきたのではないかと感動しているのです。
百年の蔵の扉はむこうから開いてくれているようです。

はたご小田温泉の女将業のかたわら集めてきた着物・人形・器・道具、-明治から昭和の、暮らしの中の美しい脇役たちー 見ているだけで心が楽しくなるものばかり二百点以上展示販売いたします。

どうぞあなたのお気に入りを見つけにいらして下さい。
利生庵主人 石飛裕子

平尾博子 日本画展 [ 2009年11月21日(土)~30日(月)]

59_1.jpg59_2.jpg59_3.jpg59_4.jpg

山陰中央新報社の日本画教室が開講になり、小豆澤禮先生を師とし、以来研鑽を積んでこられ、このたび初個展を開催されることになりました。
折々に語りかけてくれた草花、目にとまった虫たちが画題になっています。
色の使い方にも作家の個性が滲み出ています。
ご来廊、ご鑑賞くださいませ。

以下は、山陰中央新報「鑑賞席」コラムの展覧会紹介です。

平尾博子 日本画展 に寄せて

平尾さんの生き方をみていると、日々の生活の在り方に、造形的な何かに向かって創作活動をしていないと満足出来ない性格のように見受けられます。
そして到達した所は絵を描くことにあったそうです。
山陰中央新報社の文化教室が開講になり、日本画教室に入会された事が平尾さんの絵を描く第一歩になったようです。
日本画で大切な事は写実力を身につける事ですが、よく努力されたと思います。
併せて物の観方も深くなり、作品に内面的深さも感じられるようになりました。
県展・シルバー美術展(全国展)と続いての受賞は制作に自信が付くと共に制作意欲も刺激され次々とよい作品が生まれたと思います。

今回の出品作品の一つ「花遊」はかすかに紫を含んだ白いジャガイモの花にいたずらっ子の目を向ける兎が描かれ、その兎を見ている作者自身の目があります。
そこには地味であるが楚々と咲く野菜の花や、小動物の可愛さに着眼する慈愛に満ちた作者の心根を感じることが出来ます。
また、作品「冬至」は季を表現するのに、積み上げられた切り炭に一片一片降りかかる雪を描いています。
寒椿が添えられ、冬の足音を静かに耳澄ます作者がそこにいます。
作品は作者の心の投影です。今後は一層静かな内面的美しさを掘り下げてほしいと思います。

一主婦である年輩の婦人が実績を重ねて、島根日本画協会の理事になられた事は、協会の為、後進の為にも大変うれしい事であります。
更に発展を期待いたします。
島根日本画協会会長  小豆澤 禮

煌きの12月・クリスマスグリーティング[ 2009年12月3日(木)~9日(水)]

60_1.jpg60_2.jpg60_3.jpg60_4.jpg

クリスマス直前のこの時期に、おしゃれで心温まるグッズや誰かにプレゼントをしたくなるような品々を展示販売いたします。
ローズフレグランスを主宰する瀬島靖子さんの目でセレクトされたフランスをはじめヨーロッパのゴージャスなレ-ス雑貨の数々マニーブランドの小花模様のテーブルウエア、エレガントなホームウエアをお手にとってご覧ください。

画廊の壁面には、黒木郁朝、牛尾篤、大場正男、伊藤倭子の版画(木版・エッチング・ペーパースクリーン)を展示いたします。

12月4日(金)と5日(土)の午後は方円流・金築聖子社中によりアフターヌーン紅茶のお点前を披露します。
美味しい紅茶の話も聞きながら一杯のカップティをお楽しみ下さいませ。
参加費は300円です。
詳細は電話にてお尋ねくださいませ。

展覧会:am10:00~pm6:00

新春を寿ぐ室礼(しつらえ)展 [ 2009年12月16日(火)~24日(水)]

62_1.jpg62_2.jpg62_3.jpg62_4.jpg

新しい年を祝う品々を展示いたします。
 掛軸・重箱・屠蘇器・・・明治~昭和前期のもの
 茶わん・・・小豆澤禮干支絵
 釜・・・手塚圭成作品
 香・・・御題香「光」、匂い袋
 干支の置物
など

2009年歳の暮れ

歳の暮れを迎えました。
ただ今は、来る歳迎えの準備中ですが年内30日まで画廊は開いております。

来年の干支飾りに出雲の張子虎の要望が全国から寄せられますが、製作者の高橋壮四郎さんがこの秋にお亡くなりになり、要望にお答えする事が出来ません。
出雲張子以外の博多の土製の寅、和紙製の寅、ちりめん細工の寅などは用意いたしております。

どうぞご覧くださいませ。

2008年の展覧会一覧

2008年 ひな人形作家展 [ 2008年1月4日(金)~3月5日(水)]

4_1.jpg4_2.jpg4_3.jpg4_4.jpg
新しい年の始まりはひな人形が並びます。

女の子の健やかな成長を祈って、美しく幸多かれと雛人形に親の思いを託します。
雛人形はやがてのお嫁入り道具になるほどに、長い先を見越したお品選びが大切です。
ギャラリー高瀬川では、全国の人形作家の手がけた、選りすぐりのお雛様を紹介します。

また出雲では、菅原道真の人形・天神様を男の子の初雛に贈るしきたりがあります。
学問の神様といわれるにふさわしく、聡明なお顔立ちの人形が好まれています。

きらためた素材、お顔立ちの気品、一点一点をじっくりと、手にとってご覧ください。

なお開催時間は、毎日am10:00~pm6:00です。

2月25日 は天神さまの日

5_1.jpg5_2.jpg5_3.jpg5_4.jpg
2月25日、全国の天満宮では、菅原道真公をお祭する神事が執り行われます。
天神さまと慕われあがめられる道真公は、出雲にお生まれになり、ここ出雲地方では、男の子の初節句に天神さまの人形を贈ります。

ただ今、ひな人形作家展に、天神さまの人形も展示しております。
シンプルでも、上品な人形をお選びくださいますようお勧めします。

節分過ぎて寒さも本番のこの季節ですが、天神さまのお好みの梅の花もちらほら咲き出しました。
天神さまの人形や掛け軸に香しい梅の花をお添えしましょう。

福間小夜子 日本画展 ~想いをつむぐ~

7_1.jpg7_2.jpg7_3.jpg7_4.jpg
3月11日(火)~17日(月)  am10:00~pm6:00

この度ギャラリー高瀬川において、ささやかな展覧会を開かせていただくことになりました。
まだまだつたない作品ではございますが、ご高覧、ご講評賜りたくご案内申し上げます。
福間小夜子

■画歴
1952年生まれ
1984年 小豆澤禮先生に師事
1986年 島根県展に入選
    (以後入選を重ね、'94年県知事賞)
1996年 松江市美展市長賞
1997年 島根県展会員賞(以後'00, '01)
2002年 国民文化祭佳作
     上野の森美術館「日本の自然を描く展」優秀賞
    (以後'06佳作、'03・'04・'05・'07入選)
2005年 青青(あお)の会入会

■所属
島根県日本画協会理事
「日本の自然を描く展」友の会
塔雲会(小豆澤禮先生)
青青の会(村居正之先生)

■アトリエ 島根県斐川町

端午の節句展 3月20日~4月29日

8_1.jpg8_2.jpg8_3.jpg8_4.jpg
男の子の初節句に「端午飾り」をして、健やかな成長を祝います。

外には、鯉のぼりや武者絵のぼりを家には、鎧(よろい)兜(かぶと)、武者人形、桃太郎、鐘馗さん、魔よけの虎などを飾ります。

若い家族の住宅にふさわしく、小ぶりなサイズの物が人気ですが、小さいものならば、より重厚で、素材も色彩も、きらためて頂きたいです。

こくたせいこ染色展 2008年5月3日(憲法記念日)~11日(日)

11_1.jpg11_2.jpg11_3.jpg11_4.jpg
模様と色彩が単純化することによって、それを身に着ける人の人となりが顕わになる。

とすれば、私の染め布はかなり厄介な衣服である。しかし「身に着ける」ということは眺めるだけとか手に取って使用するとかとは元々一線を画した行為で、そのものがシンプルであればそれだけその人の品性を導き出す。どんな衣服であれ心して身に着けよ、と。

作者の側からいえば、強い主張は不要ということなのだろう。
美しくさえあれば。

こくたせいこ(出雲市平田町出身・京都市在住)

■出展作品
ろうけつ染め着物・帯・帯揚げ・スーツ・ジャケット・ パンツ・バッグ・帽子・ストール etc

三原嘉子 陶展 ~森のおはなし~

12_1.jpg12_2.jpg12_3.jpg12_4.jpg
2008年5月14日(水)~20日(火)

森に囲まれた工房では、動物たちの息づかいが聞こえてきます。
その中から生れてきた、新作シリーズの器たちを展示いたします。

ぜひご高覧くださいませ。

■プロフィール
1960年 大阪生まれ
大阪芸術大学工芸学科陶芸専攻
舩木研児氏に師事
松江市宍道町在住

■出展
鉢・皿・碗・コーヒーカップ・香合・花器 etc

ワクワクお道具市 5月23日(金)~29日(木)

13_1.jpg13_2.jpg13_3.jpg13_4.jpg
明治期より昭和・平成の現代にいたる間に生れた、さまざまな工芸や絵画を紹介します。

中には作り手不詳のものあります。が、誰がいつの時代にこんなに丁寧に心込めた造りをしただろうか? と想像がふくらむ作品が沢山あります。
手にとってワクワクするものを展示いたします。
今の私どもの暮らしに取り込んで、大いに役立て、暮らしを彩ることができれば面白いと思います。

ぜひ、ご覧くださいませ。

展覧会開催時間:朝10時~夕6時

伊豆藏明彦 自然染織展 ~自然の生命を持った「色」「かたち」~

14_1.jpg14_2.jpg14_3.jpg14_4.jpg
京都・西陣の染織の伝統技法を用い、独創的なテキスタイルを編み出しています伊豆藏明彦主宰ひなやの発表会です。

染料の元となる植物も、糸となる蚕さんも、体にまとう我々もみな同じ地球に住む生き物という考えの背景を持ち、やさしい心あふれる作品が生れています。
自然染色のあたたかさ、天然素材の着心地のよさ、優れたデザインをご覧いただきたく思います。

展覧時間:朝10時~夕6時

多々納良夫 傘寿記念 作陶展 6月13日(金)~19日(木)

15_1.jpg15_2.jpg15_3.jpg15_4.jpg
ここに一羽の鳥がいます。

出西窯のかこいから飛び立ちました。

気持ちの良い風が吹いています。

しかし羽根の力しか飛べないのです。

美しい花も目に入るしか見えないのです。

傘寿になって焼物とはどんなものかと自分に問います。

どうか皆様ぜひ見てください。

御光来おまちします。
多々納良夫

■陶暦
昭和26年  国展入選作品が益子の浜田庄司先生の目にとまり入門
昭和26年  京都の河井寛次郎先生に入門
昭和43年  沖縄の金城次郎先生に入門
昭和22年~平成10年  出西窯に在窯

傘寿を記念し作品集も刊行されました。
一冊3500円にて販売いたします。

展覧会開催時間は 朝10時~夕6時です。

お盆のあかりと墨蹟展 2008年6月22日(日)~7月29日(火)

16_1.jpg16_2.jpg16_3.jpg16_4.jpg
お盆を迎える方々のために、祈りを捧げるいろいろな“あかり”の形を紹介します。

仏前・神前に捧げる灯かりですから、穏やかな、品の良い灯かりをお勧めします。
台は木製、灯袋は和紙・絹・蚕のまゆで出来ています。
灯袋に描かれた絵は、墨絵の山水図・日本画の風景画・秋草図など内にあかりを灯して、絵の雰囲気を確めてご覧くださいませ。

合わせて、床にかける季節の掛け軸や仏事の墨蹟・御名号も展示致します。

藍染作品展

17_1.jpg17_2.jpg17_3.jpg17_4.jpg
8月1日(金)~10日(日) 朝10時~夕6時

型染・板締め・絞り・筒描きなどの技法を用いた藍染織作品を展示いたします。
目にも涼しげな、身につけて心地よいものを暮らしにどうぞ。

のれん・タペストリー・テーブルクロス・クッション・パラソル・ワンピース・ブラウス・パンツ etc

■出展
伊藤弘子(東京)  わたなべ(東京)  松井きくこ(奈良)
多々納桂子(島根・斐川)  佐藤加奈(出雲)  長田染工場(出雲)

出雲の工芸・手仕事展  2008年8月13日(水)~20日(水)

18_1.jpg18_2.jpg18_3.jpg18_4.jpg
出雲地方に古くから伝えられ、現代の暮らしの中でも大事に用いられている工芸品を紹介します。
出雲に帰省の方も、旅の方もぜひ手にとってご覧ください。

 鉄・高橋鍛冶屋  高橋 勉
 漆器・いしむら塗工房  石村英一・石村 稔
 和紙・斐伊川和紙  井谷伸次
 和紙・スサノオ和紙  荒木宏文
 木工・森山ロクロ工作所  森山登
 藍染・長田染工場  長田茂伸

2008年8月13日(水)~20日(水) 朝10時~夕6時
(高瀬川灯篭流しの15日は夜9時まで営業します)

ガラス・籐・陶磁による形の可能性 三人展

19_1.jpg19_2.jpg19_3.jpg19_4.jpg
8月23日(土)~31日(日)

 ガラス 玉田恭子(横浜市)
 籐   長崎 誠(松江市)
 陶磁  松永泰樹(多治見市)

古来の技法を用いながら、新しい時代に生きる形を探る三人の作品の競演です。作家の造形への思いをごらんくださいませ。

時あたかも立秋を過ぎ、処暑から白露への季。
作品の素材のかもし出す清涼感も味わっていただきたいと思います。

“久仁”アジアの衣展

20_1.jpg20_2.jpg20_3.jpg20_4.jpg
モンスーンアジア地方の織物・染物に魅せられ、タイ・チェンマイに移り住み、現地の人々とともに染織の仕事をされた瀧澤久仁子さんが、昨秋、天に召され、主を失ったかと心配しました。

幸い、お嬢さんの長崎麻耶さんは母・瀧澤久仁子さんの目指された心を受け継ぎ、工房スタッフ一同力を合わせ、新しい取り組みが始まりました。

“久仁”というブランド名で絹や麻や竹布の天然の素材に、黒檀や蘇芳などの天然の草木染めをし、人の体にも、地球環境にも優しい衣類をつくられています。

個性的な新しいデザインもごらんください。

2008年9月3日(水)~12日(金)
am10:00~pm6:00

道明の組紐展

21_1.jpg21_2.jpg21_3.jpg21_4.jpg
宮内庁御用達「道明」の組紐の仕事には長く深い歴史があります。

現代、一般我々の用になっている組紐は、着物の帯締めや、殿方のネクタイや、携帯電話のストラップなど広く暮らしの中に活きています。
組紐のルーツをたどると、中国2000年の昔にたどり着きます。
仏教伝来とともに日本にもたらされ、宗教儀式や王朝貴族の儀礼の場に用いられていました。

このたび、出雲での道明展において、絛帯(くみおび)の復元参考出展がございます。
平安朝貴族のステータス・シンボルとして「平緒」があり、それに対して「絛帯」は奈良朝貴族の衣冠束帯の一つです。
平緒は単色ですが、絛帯は多色です。
用いられている主調色が位の色になります。紫が最高位で、紫系の次は赤系、以下緑、青、黄、茶系と養老律令(718年)で定められています。

組み出された文様の彩、色彩の妙、しばし古典の美を御堪能くださいませ。

今回、たくさん帯締めが出品されていますが、古典の技法を用いた作品です。
ご高覧くださいませ。

2008年9月15日(敬老の日)~21日(日)

ポップなアート展

22_1.jpg22_2.jpg

かけがえのない私たちの地球に失礼のないやさしい暮らしをしていますか。

そんな気持ちでお買い物のエコバックをもつ方が増えています。
ならば、おしゃれで丈夫なバックを持ちたいもの。

SHINZIKATOHOの描いたキャンバス地のトートバックを紹介します。
壁飾りにしても素敵です。

9月24日(水)~30日(火)ギャラリー高瀬川
10月2日(木)~16日(木)パラオ・ドギDOGI
am10:00~pm6:00

両会場で展開します。

梶谷 胖 陶展 2008年10月3日(金)~9日(木)

23_1.jpg23_2.jpg23_3.jpg23_4.jpg
陶芸の技法の一つである「練上」の源流は中国唐代に遡るが、長い間、美術的な発達はしませんでした。
平成になってやっとその価値と場を与えられた作家が現れました。
その後に来るものを待ち続けるだけでなく、20世紀の練上オーパーツと呼ばれる作品を創造したいと思います。


■プロフィール(茨城県石岡市 梶谷 胖)
1941年 島根県出雲市平田小境町 生まれ
1974年 米国ユタ州立大学彫刻科卒
1976年 同  芸術学部大学院卒
     コロンバス芸術大学陶芸科助教授就任
1985年 同  主任教授就任
1993年 帰国・∞エンフィニティクレイアート研究所設立
現在  コロンバス芸術大学陶芸科非常勤講師
    茨城県立医療大学非常勤講師
    国際陶芸アカデミー(スイス)会員
    世界各地で作品発表や講演、教育的活動を行う

※展覧会開催時間 am10:00~pm6:00

画廊のビルの化粧直し 休廊 10月10日(金)~20日(月)

画廊のあります出雲センターロードは、道路の拡幅に伴い、昨年アーケードを撤去しました。そのためにビルの外観ファサードをきれいに致します。

しばらく休廊しますが、お化粧直しを致しましてから、次の展覧会のご案内を致します。

第10回ギャラリー高瀬川主催 洋画展 10月22日(水)~30日(木)

25_1.jpg25_2.jpg25_3.jpg25_2.jpg
秋恒例の洋画展です。
下記の作家による10号~サムホールサイズの作品を出展いたします。

  春日裕次(出雲市)   金本裕行(益田市)
  北本雅己(出雲市)   佐藤收男(出雲市)
  鳥屋尾敬(出雲市)   中川勝湖(出雲市)
  野竹瑞子(出雲市)   原 孝夫(出雲市)
  藤井文明(松江市)   槇原郁朗(出雲市)

画像は昨年第9回の会場風景です。

大谷雅彦 萩焼展 11月2日(日)~9日(日)

26_1.jpg26_2.jpg26_3.jpg26_4.jpg
萩焼は、1604年毛利輝元の招請により、萩藩の御用窯として高麗より李勺光・李敬兄弟が高麗焼の秘法を伝えた事に始まります。
萩焼の特徴である長く使っているうちの肌合いの色調変化は「萩の七化け」とも呼ばれ茶人に愛されて来ました。
その風雅な趣を大事にしながら、現代的な斬新な造形を試みる、大谷雅彦氏の近作を発表します。

三輪窯で体得された、雪の被ったような、柔らかな白い肌合いの作品もご注目くださいませ。


■ 陶歴
昭和59年 山口芸術短期大学卒業
     休雪窯入門修業
     三輪栄三先生に師事
平成10年 山口県長門市に独立
現在   日本工芸会・萩陶芸家協会 所属

■受賞歴
西部工芸展
山口県美術展
田部美術館茶の湯の造形展
現代茶陶展
日本工芸会山口支部展
朝日新聞社奨励賞
織部の心作陶展
現在形の陶芸萩大賞展 など

※展覧会開催時間 朝10時 ~ 夕6時

自然染織展ー自然が創り出す匠の技ー11月12日(水)~19日(火)

27_1.jpg27_2.jpg27_4.jpg

染織作家・伊豆藏明彦が率いる京都の工房「ひなや」で作られる自然染織の作品展です。
今回は伝統の技で創り出される帯・着物を中心に紹介します。

布を作るのに、織る・編む・組むの技がありますが、組紐の帯は重厚で、格調の高いものです。

自然染めの色彩の妙もご覧ください。

林 泰石 2008出雲展 11月22日(土)~30日(日)

32_1.jpg32_2.jpg32_3.jpg32_4.jpg
中国奥地への旅は40回以上になりました。
そこで出会った石仏や古い書物との出逢いに心ときめかせ、その感動を現代に甦らせた作品を表現しました。
ご来場を心からお待ち申し上げます。


■林 泰石 プロフィール
1947年  山口県生まれ
1985年~ 中国シルクロード石窟等スケッチ旅行
1978年~ 東京・鎌倉・京都・奈良・出雲・山陽小野田
      下関・北九州・佐賀
      中国西安・上海・オーストラリアレッドクリフ
      など国内外個展23回

※作家在廊 11月22日(土)・23日(日)

はつ春に事寄せて 安食ひろ展

33_1.jpg33_2.jpg33_3.jpg33_4.jpg
はつ春に事寄せて

秋もいよいよ深まってきまし多

出雲の高瀬川ギャラリーでの個展も何回目になるでしょうか

永い間 いろいろとご支援を頂き 誠に有難うございまし多

厚く御礼申し上げます

顧みますと 小生も六十となり 人生の秋となってまいりまし多

でき得れば 隠居なぞと洒落てみたい

そんな気分であります

今回は織部(於里辺)の器を中心に 展示致して居ります


ごうぞ 一服がてら・・・


12月3日(水)~8日(月)
朝10時~夕6時

いろいろだんだん 月岡三郎・紫優子展 12月10日(水)~14日(日)

34_1.jpg34_2.jpg34_3.jpg34_4.jpg
NHK朝の連続ドラマ「だんだん」にあやかって、タイトルをつけました。
今までに手がけてきた、いろいろな手法の作品が並びます。

月岡三郎の練上の陶作品、紫優子の漆作品そして二人の合作である陶胎漆器作品の数々をご覧くださいませ。

am10:00~pm6:00

新春を寿ぐ室礼(しつらえ)展 12月16日(火)~24日(水)

35_1.jpg35_2.jpg35_3.jpg35_4.jpg
新しい年を迎えるために、室礼の具を展示即売いたします。

来年は十二支では、「丑」の年。干支の置物や色紙など新しい年の象徴として飾っていただけます。
また、平成21年歌会始御題「生」にちなんだ御香(松栄堂製)も並びます。
日本の伝統的なお正月用の器・漆のお重や屠蘇器など普段とはちがった食の形・おせち料理のうつわも取上げます。

2008年の締めくくり

今年の“蛍の光”メロディーが聞こえる時となりました。

画廊内は新年の企画を迎えるためにひな人形が並びはじめました。
どんな人形達が並びますか、お楽しみに。

新年にふさわしい絵画や飾り、干支の置物など、年内展示を致しております。
30日まで営業いたします。

2007年の展覧会一覧

雛人形作家展

01_hina.jpg1月4日~3月5
ひな祭り - お子様の小さな心に“美の種まき”を。

詳細はこちらをクリック

美しき日本の意匠・雅な遊び展

03_ishou.jpg3月9日~3月18日
いにしえより日本人に愛でられてきた物の中に見るデザイン・意匠を見つめてみます。

詳細はこちらをクリック

端午節句展

03_tango.gif3月21日~4月29日
元気に泳ぐこいのぼりに、又りりしい姿の若武者五月人形に、日本男児の気概を託して。

詳細はこちらをクリック

第16回 こくたせいこ染色展

04_kokuta.gif5月3日~5月9日
染めの技法はろうけつ染め。蝋で伏せた文様が染め色の上に遊びます。染色デザイナーこくたせいこさんから、個性的で美しい装いの提案を。

詳細はこちらをクリック

遊びの好きなバッグの工房 子安一子展

05_koyasu.gif5月12日~5月21日
"バッグは心のいれもの"と、実用性に優れデザイン美あふれるバッグの提案です。

詳細はこちらをクリック

紫野由貴 工房まつり

05_murasaki.jpg5月19日~5月21日
島根県の山間にあるむらさき工房のお祭りです。作品発表のほかに地元の皆さんの協力で、山ならではのおたのしみをたくさん提供します 。

詳細はこちらをクリック

「岐阜県伝統文化継承者顕彰」拝受 水野澤三 傘寿記念展

05_mizuno.jpg5月24日~5月30日
桃山時代の自由な創作気風にあこがれた水野澤三・雅之父子の陶芸作品展です。

詳細はこちらをクリック

山谷裕子 日本画展 -自然の小径散策-

06_yama.jpg6月2日~6月10日
生きとし生けるもの、草むらの小さな命にも優しい目をむける日本画家・山谷裕子の世界をご鑑賞ください。

詳細はこちらをクリック

ギャラリー高瀬川開廊20周年記念企画・食のうつわ展

06_utsuwa.jpg6月13日~6月20日
8人の陶芸家の方に8種のうつわを制作していただき、ホテル武志山荘文化塾で「陶芸と料理の技の競演」を開催しました。今回だけの感謝価格で提供いたします。

詳細はこちらをクリック

お盆のあかり・墨蹟展

06_bon.jpg6月23日~7月29日
亡き人に捧げるあかり・盆提灯の展覧会です。あわせて仏画・夏の掛軸・お香も展示販売いたします。

詳細はこちらをクリック

藍染め作品展

08_ai.jpg8月1日~8月8日
藍色の魅力、藍染めの作品の数々を紹介しましょう。

詳細はこちらをクリック

出雲の工芸・手仕事展

08_teshigoto.jpg8月11日~8月20日
鉄・漆・紙・木工・染めのジャンルから、出雲の工人の心意気とセンスをご覧ください。

詳細はこちらをクリック

月岡三郎 開窯25年作陶展

08_tsukioka.jpg8月23日~8月29日
「美しいかたち」を求めて25年。洗練された作品を見ると、美の求道者としての姿勢を感じます。四半世紀節目の個展にお出かけくださいませ。

詳細はこちらをクリック

自然染織展

09_shizen.jpg9月1日~9月13日
人間と自然の共生・調和を考えたテキスタイル 伊豆藏明彦の世界を紹介します。

詳細はこちらをクリック

チャーミングな道具に出会う 秋のお道具市

09_dogu.jpg9月16日~10月3日
(中央通りのアーケード撤去作業のため9月25日(木)~28日(水)は休廊いたします)
毎日の暮らしを楽しく、豊かにするお道具の展示です。掛軸・花器・香炉・漆器・風炉先屏風などご覧ください。

詳細はこちらをクリック

御所人形展

10_gosho.jpg10月6日~10月17日
現代の人形作家の手がけた御所人形作品を紹介します。

詳細はこちらをクリック

第9回ギャラリー高瀬川主催 洋画展

10_yoga.gif10月20日~10月30日
サムホールの小品から10号サイズの油絵・パステル画の発表です。

詳細はこちらをクリック

小豆澤禮 日本画展 - わたしのふるさと -

11_azukizawa.jpg11月2日~11月11日
初御空・雪の綿帽子・花霞・大地を破る筍・水田に写る空・月影のさま……
そこに住んでいる人だけが気付く幽かな声を聞き、それが美しい絵筆となって、作品が生れています。

詳細はこちらをクリック

四季おりおりを描く 軸装展

11_jiku.jpg11月14日~11月20日
日本人の心に響く花鳥風月を描く。床の間を飾る掛け軸の展覧会です。

詳細はこちらをクリック

宇賀隆生 墨彩画展 - 墨とあそぶ -

11月23日~11月28日
現代詩歌と墨遊びの絵・・・筆が楽しげに動いています。

詳細はこちらをクリック

井西静馬 つづれ画展

12_isai.jpg12月1日~12月9日
つづれ画は絹糸で織られ、つやと張りのあるたおやかな絵肌が特徴です。

詳細はこちらをクリック

新春を寿ぐ室礼展

12_haru.jpg12月12日~12月24日
新年を迎えるための室礼(しつらい)の具を出展します。

詳細はこちらをクリック

2006年の展覧会一覧

雛人形作家展

01_hina.jpg1月4日~3月6日
楽しく美しいお雛祭りのための提案をいたします。

詳細はこちらをクリック

紫優子「花・季」遊漆展

03_murasaki.gif3月10日~3月15日
何ものにも変えがたい漆の質感に魅せられて。このたびは帯留めの小さな世界に想いを載せました。

詳細はこちらをクリック

舩木研兒・舩木伸児 作陶展

03_oyako.gif3月18日~3月23日
西洋のセンスと日本の感性の美しい融合。手付きのピッチャーやスリップウエアの皿や額絵の発表です。

詳細はこちらをクリック

端午の節句展

03_tango.jpg3月26日~4月29日(みどりの日)
気概を持った男の子に育つようにと、五月人形・鎧・兜に心を託して。

詳細はこちらをクリック

第15回 こくたせいこ 染色展

05_kokuta.jpg5月3日(憲法記念日)~5月10日
作品は人なり。色は深まり、文様はどんどんシンプルに。進化するろうけつ染め作品の発表です。

詳細はこちらをクリック

遊びの好きなバッグの工房ヴァグリエ 子安一子展

05_koyasu.jpg5月13日~5月21日
掛合町の山間にあります、むらさき工房のオープンハウス&作品発表会です 。

詳細はこちらをクリック

東野布由美 日本画展

05_tohno.jpg5月24日~5月31日
個展のテーマは人☆夢です。にんべんに夢と書いて儚。
花と、人の思い(私の思い)を言葉に出来たらと絵筆をとっています

詳細はこちらをクリック

暮らしを彩るお道具市

06_dogu.jpg6月3日~6月11日
暮らしに彩りを添える古美術の世界を、回を重ねて紹介しましたが、今回は、茶の湯のお道具・釜・風炉・風炉先屏風・茶碗・掛け軸の古今の優れた作品を紹介します。

詳細はこちらをクリック

日本画・洋画 郷土の作家作品展 In出雲

06_izumo.gif6月14日~6月21日
出雲にゆかりの日本画家・洋画家の作品を集めました。
出雲の風土が育んだ感性をご覧くださいませ。

詳細はこちらをクリック

お盆のあかり展

06_bon.gif6月24日~7月28日
手漉きの和紙を透かした温かな灯かり。 お盆の手向けにふさわしい「灯かり」を展示します。

詳細はこちらをクリック

藍の美展

08_ai.jpg8月1日~8月8日
ジャパンブルーとも呼ばれる藍色と白の取り合わせは爽快な季節感があります。

詳細はこちらをクリック

出雲の工芸・手仕事展

08_izumo.jpg8月11日~8月20日
「本物」を極める。出雲の工人の心意気をごらんください。

詳細はこちらをクリック

陶芸4人による 食卓のそよ風展

08_4arts.gif8月23日~8月29日
普段の暮らしの中の、毎日手にするさわやかで楽しい食器の発表会です。

詳細はこちらをクリック

衣 瀧澤久仁子展 ー植物染めー

09_takizawa.jpg9月1日~9月10日
アジアの風土に根ざした生活文化の調査研究を衣服作りに反映。その活動が評価され桑沢賞に輝いた瀧澤久仁子さんの染め、織、デザインをご覧ください。

詳細はこちらをクリック

渡辺俊明 追悼作品展

09_watanabe.jpg9月13日~9月19日
昨年秋、亡くなられた俊明先生の遺作を展示させていただきます。

詳細はこちらをクリック

道明の組紐展

09_domei.jpg9月22日~9月28日
正倉院や神社仏閣に大切に残されている「紐」の復元や研究をされている有職組紐司・道明の作品発表です。由緒ある文様の組紐、和名の付いた豊富な染色、日本の美しい伝統文化の紹介です。

詳細はこちらをクリック

愛らしき人形たちの集い

10_ai.jpg10月1日~10月10日
ほのぼのとしたやさしさ、愛らしさ、崇高な輝き・・限りなく深い心の世界をお人形のかたちを通して表現します。

詳細はこちらをクリック

紫野由貴 染とデザイン展

10_murasaki.jpg10月13日~10月18日
華のあるエレガントなオーラ漂う作品を展示いたします。

詳細はこちらをクリック

第8回 ギャラリー高瀬川主催 洋画展

10_yoga.gif10月21日~10月31日
今年は14名の洋画家を迎えます。
サムホールから10号サイズの家庭の壁面で楽しめる作品が中心となります。

詳細はこちらをクリック

月岡三郎 作陶展

11_tsukioka.jpg11月3日(文化の日)~11月9日
「練り上げの月岡三郎」と称されるほどに一筋の道。技も品位も深められ、高められた作陶です。

詳細はこちらをクリック

萩焼 新庄貞嗣展

11_hagiyaki.jpg11月12日~11月19日
伝統ある萩焼・助右衛門窯14代新庄貞嗣先生を出雲に迎えます。

詳細はこちらをクリック

山崎すすむ 墨彩画展

11_yamazaki.jpg11月22日~11月29日
出雲の神話・民話・暮らしの中の風物に取題した絵。
躍動感に満ちた墨彩画です。

詳細はこちらをクリック

新春を寿ぐ室礼展

12_newyear.jpg12月2日~12月23日
新しい年をすがすがしい気持ちで迎えるための室礼(しつらえ)の具を展示販売いたします。

詳細はこちらをクリック

2005年の展覧会一覧

ひな人形作家展

01_hina.jpg1月4日~3月6日
お雛様は女の子一生の宝物。心を込めて丁寧にご覧くださいませ。

詳細はこちらをクリック

安食ひろ 草の春 作陶展

03_ajiki.gif3月11日~3月17日
茶の湯の造形世界に新風を送る。風は烈風。ときにそよ風のように。
水指・茶・花入れ・菓子器・皿などの出展です。

詳細はこちらをクリック

端午節句展

03_tango.gif3月20日~4月29日
端午の節句を祝う鎧兜のほかにも、可愛く節句の気持ちを表した作品や、外に飾る鯉幟なども紹介いたします。

詳細はこちらをクリック

第14回 こくたせいこ染色展

05_kokuta.jpg5月3日~5月11日
白い無垢な絹地に思いっきりのいい蝋筆の線が走る。

詳細はこちらをクリック

蜻蛉屋・佐藤加奈 織展

05_sato.gif5月14日~5月22日
織り機はキャンパス。その日の心模様を自由に織り込む。佐藤加奈の創作世界。

詳細はこちらをクリック

紫野由貴 工房オープンハウス(会場 掛合町)

05_murasaki.gif5月14日~5月22日
掛合町の山間にあります、むらさき工房のオープンハウス&作品発表会です 。

詳細はこちらをクリック

平野勲 「漫画で描くふるさとの祭り」原画展

05_hirano.gif5月25日~5月31日
日本各地のお祭りや日本の伝統行事を漫画で描く平野勲作品展です。
画面いっぱいに群集の熱気とノスタルジーが描かれたホットな作品です。

詳細はこちらをクリック

萩焼 助右衛門窯 新庄貞嗣展

06_shinjo.jpg6月3日~6月9日
松の薪を焚く登り窯で、伝統的な技法による萩焼作品展です。
茶の湯を点てる碗はたおやかなセンスに満ち、陶彫はエネルギッシュに作家パワーを放っています。

詳細はこちらをクリック

服部全四郎 作陶展

06_hattori.jpg6月12日~6月19日
形いろいろ、色もいろいろ 楽しい小鉢がそろいます。

詳細はこちらをクリック

お盆のあかり展

06_bon.gif6月22日~7月24日
お盆の頃の暮らしへの提案・・・盆提灯・御名号・日本画・お香など。

詳細はこちらをクリック

涼を求めて 藍染とガラス作品展

07_ryo.jpg7月27日~8月9日
心に響く“涼”、体に感じる“涼”を藍染の作品とガラスの作品から提案いただきます。

詳細はこちらをクリック

合併新出雲市の工芸・手仕事展

08_izumo.jpg8月12日~8月21日
今春生まれた新しい出雲市の寡黙で丁寧な、そして上質の仕事に合併の喜びを添えて展示販売を行います。

詳細はこちらをクリック

小品絵画展

08_koshina.jpg8月24日~8月31日
暮らしの空間にアクセントを添える小品絵画作品を展示します。

詳細はこちらをクリック

萩焼・大谷雅彦展

09_otani.jpg9月3日~9月11日
萩焼の新進作家・大谷雅彦氏の“白”をご覧ください。

詳細はこちらをクリック

月を愛でる お道具市

09_moon.gif9月14日~9月26日
江戸・明治期のものから現代のものまで、掛け軸、茶碗、菓子器、香合、ろうそく燭台などこの季節に用いるお道具の数々を展示販売いたします。

詳細はこちらをクリック

大森幹雄 日本画展

09_ohmori.gif9月29日~10月6日
身近な自然に題材を求め、日々移ろう季節の素顔を絵筆に託す大森氏の作品をご覧ください。

詳細はこちらをクリック

表具師 小野光彦の軸装展

10_ono.gif10月9日~10月18日
小野光彦氏の日本画・墨蹟作品を見る眼、表具に仕立てる技術と感性、本紙を支える上品な仕事をご覧ください。

詳細はこちらをクリック

第7回ギャラリー高瀬川主催 洋画展

10_yoga.gif10月21日~10月30日
今回は15名の出展者をお迎えしての洋画展です。

詳細はこちらをクリック

日本のくらしと草花染め 小田中久良子展

11_kodanaka.gif11月2日~11月9日
草や花や木から抽出した染料で、ロウケツ染め、型染め、絞り染め、手描き更紗など
技法もさまざまに、染めの作品が生まれています。

詳細はこちらをクリック

第7回 ギャラリー高瀬川主催 洋画展

10_youga.gif10月23日~10月31日
サムホールから10号の小品を中心とした洋画のグループ発表会です。

詳細はこちらをクリック

安部弘延 ー椿花ー日本画色紙自選展

11_abe.jpg11月12日~11月20日
奥出雲にあります臨済宗妙厳寺の一山の椿。秋から春に次々と花開く椿を描く。安部弘延・閑栖住職の絵筆は祈りです。

詳細はこちらをクリック

藤井洋子(銀のアクセサリー)と宮本博美(リトグラフ)二人展

11_fujiimiyamoto.gif11月23日~11月30日
ギリシャに魅せられた女流二人の展覧会。銀の工芸アクセサリーと手さしプレスの版画作品の発表です。

詳細はこちらをクリック

京の工芸衣装 染色家・高橋宏子 作品展

12_takahashi.gif12月3日~12月8日
伝統工芸・京友禅の技術とセンスを現代の暮らしに大いに生かす。

詳細はこちらをクリック

新春を寿ぐ室礼展

12_shinnen.gif12月11日~12月23日
新年をこころ新たに迎えるための室礼(しつらえ)の具を展示します。

詳細はこちらをクリック

2004年の展覧会一覧

雛人形作家展

01_hina.gif1月5日~3月3日
2004年の雛人形展では、お顔の表情の豊かさはもとより、お衣装の質的な良さも大事な要素と心得て出品いたします。

詳細はこちらをクリック

小豆澤禮 原石鼎句抄絵展(書 土橋石楠花・原一耀)

03_azukisawa.gif3月7日~3月14日
小豆澤禮先生の画筆で、同郷の俳人・原石鼎が句に詠んだ世界を日本画に表しました。

詳細はこちらをクリック

月岡三郎 作陶展

03_tsukioka.gif3月17日~3月22日
作り手のかたちへのこだわりから生まれた月岡作品。無機質な中に情動が宿る作品群です。

詳細はこちらをクリック

端午節句展

03_tango.gif3月17日~3月22日
作り手のかたちへのこだわりから生まれた月岡作品。無機質な中に情動が宿る作品群です。

詳細はこちらをクリック

第13回 こくたせいこ染色展

05_kokuta.gif5月3日~5月9日
ろうけつ染の仕事。着物作品が増えました。

詳細はこちらをクリック

金本裕行の心風景・石仏

05_kanemoto.gif5月12日~5月20日
大分県臼杵の磨崖仏に魅せられて「石仏」や心の眼に映った風景を描く。
油彩とパステルによる新作の発表です。

詳細はこちらをクリック

河井久・一喜・達之 父子作陶展

05_kawai.gif5月23日~5月30日
民芸思想を掲げた河井寛次郎の薫陶を受けた河井久ファミリーの作陶発表です。

詳細はこちらをクリック

暮らしを彩るお道具市

06_kurashi.jpg6月2日~6月9日
暮らしを豊かに彩るもの、優れたデザイン・遊び心に満ちたものを集めました。和洋を超えた骨董の愉しみをどうぞ。

詳細はこちらをクリック

紫野由貴 染めとデザイン展

06_murasaki.gif6月12日~6月18日
むらさき工房からいろいろの染め色の便りが届きます。

詳細はこちらをクリック

松永泰樹・鴨頭みどり 二人展

06_matsunaga.gif6月20日~6月28日
白磁や白土を施して白にこだわった器を手がける松永泰樹と、個性あふれるユーモラスな動物達を陶で作る鴨頭みどりの二人展です。

詳細はこちらをクリック

お盆のあかり展

07_bon.jpg7月1日~7月30日
旅立った人への手向けの灯かりと仏画や墨蹟の展示会です。

詳細はこちらをクリック

藍染め作品展

08_ai.gif8月2日~8月9日
暖簾・タペストリー・風呂敷・パラソル・バッグ・衣類の上の、藍と白のコンビネーションの美を展開。

詳細はこちらをクリック

涼を盛る・活ける 処暑の器展

08_utsuwa.gif8月12日~19日
二十四節気の暦の上での「処暑」に涼やかなガラス・陶・磁器作品の提案です。

詳細はこちらをクリック

版画 黒木郁朝 きのう・今日・あす自選展

08_kuroki.gif8月22日~29日
今展覧会では、これまでの作家活動の一つの区切りとして、過去10年間に制作された《花シリーズ》《遊戯シリーズ》《風景シリーズ》《和シリーズ》作品50点を展示します。

詳細はこちらをクリック

瀧澤久仁子 黒檀染アジアの衣展

09_takizawa.gif9月1日~9月8日
タイ・チェンマイから美しい植物染め織りの作品発表です。

詳細はこちらをクリック

三原研 展 - 松籟をきく -

09_mihara.gif9月11日~9月20日
陶の造形を通して、気持ちの“気”を届けたい 。

詳細はこちらをクリック

紫 優子 遊漆展

09_murasaki.gif9月23日~9月30日
想曲文シリーズ・ミロ文シリーズ・妖精シリーズの遊漆パネルと陶胎漆器の発表です。

詳細はこちらをクリック

鬼さん仏さん 林泰石 展

10_murasaki.jpg10月3日~10月12日
現代の「文人墨客」と言うにふさわしい。墨使い・筆つかい、鬼さんに託された作者の心の内外をご覧いただきたい。

詳細はこちらをクリック

愛らしき人形たち

10_doll.jpg10月14日~10月20日
白珠(しらたま)にたとえられるの御所人形のお顔はつぶらで優しく微笑みかけています。

詳細はこちらをクリック

第6回 ギャラリー高瀬川主催 洋画展

10_youga.gif10月23日~10月31日
サムホールから10号の小品を中心とした洋画のグループ発表会です。

詳細はこちらをクリック

出雲の文芸散歩 句書・日本画展

11_izumo.gif11月3日~11月11日
出雲にゆかりのある文芸作品・俳句・短歌・漢詩などを墨書、俳画、日本画などのビジュアルな作品にまとめました。

詳細はこちらをクリック

ホームスパン 中村工房 創作展

11_home.gif11月14日~11月21日
ホームスパンのふんわりとした暖かさ・軽さ・・・限りなくひとをやさしく包みます。

詳細はこちらをクリック

山谷裕子 日本画展 ー身近な自然を見つめてー

11_yamatani.gif11月23日~11月30日
身近な小さな命あるものを慈しみの目で描き、島根の自然を情感豊かに描く。

詳細はこちらをクリック

ステンドグラス・吾郷宗子&和紙のあかり・田畑教次 二人展

11_glass.gif12月3日~12月8日
ステンドグラスを透かした美しい光と、和紙を透かした落ち着いた光の共演です。

詳細はこちらをクリック

新春を寿ぐ 室礼展

12_shiturai.gif12月11日~12月22日
お正月をこころ新たに迎えるための室礼道具を展示します。

詳細はこちらをクリック

2003年の展覧会一覧

ひな人形作家展

0301_hina_4.jpg1月4日~3月4日
江戸時代から家業として続いているお雛様展。今年は、面立ち良く、古典的な御衣裳復元を試みた作品を中心に紹介いたします。

詳細はこちらをクリック

くらしの御道具市

03_dogu.jpg3月8日~3月16日
20世紀に生まれたお蔵出しの工芸品を紹介します。

詳細はこちらをクリック

端午の節句展

03_tango.jpg3月20日~4月30日
鎧・兜・五月人形を中心として、菖蒲を飾る季節の室礼(しつらえ)を紹介します。

詳細はこちらをクリック

第12回こくたせいこ(京都市) 染色展

05_kokuta.jpg5月3日~5月11日
ろうけつ染めによる着物や洋服を発表。シックな地色の上に遊ぶ、ろうの筆。

詳細はこちらをクリック

渡辺俊明(福島県) 墨彩詩書画展

05_watanabe.jpg5月13日~5月20日
”おもいきって咲く・おもいきって散る”俊明語りを絵に。

詳細はこちらをクリック

旅籠・小田温泉 女将の仕事 利生庵展(石飛裕子・島根県)

05_hatago.jpg5月23日~5月30日
江戸末期~昭和初期のパワーのある手仕事のもの。「おしゃれ骨董」と名付けた時代布・人形・陶磁器・ガラス・漆・「やんちゃご」ブランドの子供着物など。

詳細はこちらをクリック

水野澤三・雅之(岐阜県) 父子 茶陶展

06_mizuno.jpg6月1日~6月8日
桃山時代の陶芸にせまる、志野茶を中心として。

詳細はこちらをクリック

宇賀隆生(大阪市) 墨彩画展

06_uga.jpg6月11日~6月19日
生きとし生けるものにやさしく目を向けて描く墨彩の世界です。

詳細はこちらをクリック

石田充弘(島根県) 作陶展‐赤絵の世界

06_ishida.jpg6月21日~6月29日
トンパ絵文字の描ける作家です。赤絵付の陶器が楽しみです。

詳細はこちらをクリック

夏の掛軸と盆提灯展

07_bon.jpg7月1日~7月30日
夏の床まわりと手向けのあかり・盆提灯を紹介します。

詳細はこちらをクリック

藍染作品展

08_ai.jpg8月2日~8月10日
絞り・型染め・絣織など、白と藍色のコンビネーション・ハーモニーの面白さをお楽しみください。

詳細はこちらをクリック

涼を盛る・活ける 処夏の器展

08_ryo.jpg8月13日~8月20日
目から手から唇から涼しさを感じさせる陶器・磁器・ガラス・籐の作品が集います。

詳細はこちらをクリック

油絵・原孝夫(島根県) 一歩展

08_ippo.jpg8月23日~8月31日
野に在って、俳味ある独特な洋画の世界を築いた、原孝夫・油絵展です。

詳細はこちらをクリック

西島裕子・谷崎順子の玉手箱‐ひもとけば春夏秋冬 和と洋が織りなす小さなにぎわい‐

09_tamatebako.jpg9月2日~9月9日
時代箪笥・のれん・骨董の器・漆の器など、大阪府豊中市でシークレット・ギャラリーをプロデュースするお二人の発表です。

詳細はこちらをクリック

道明の組紐と あらいその名物裂展

09_domei.jpg9月12日~9月18日
渡来の染織の文様や意匠、又組紐の技術は、茶の湯の世界や和の暮らしの中に
いかされて。

詳細はこちらをクリック

梶谷胖&エンフィニティー・クレイアート(茨城県)展

09_kajiya.jpg9月21日~9月29日
リズミカルな練り込み文様はふるさとの河・斐伊の流れか、グランドキャニオンの岩層か。地球規模のスケール感を持つ陶作品「円管花器シリーズ」の発表です。

詳細はこちらをクリック

山崎すすむ(島根県) 墨彩画展

10_yamazaki.jpg10月1日~10月8日
妙好人・才市の心にふれ、絵を描く喜びにあふれた山崎すすむの墨彩画をお楽しみください。

詳細はこちらをクリック

紫 野由貴(島根県) 染とデザイン展 工房Open House

10_murasaki.jpg10月3日~10月5日 (会場・掛合町多根)
日々、秋色に染まる掛合の里・むらさき工房にて紫野由貴染色作品展を開きます。

詳細はこちらをクリック

犬山卓也(島根県) 作陶展

10_inuyama.jpg10月11日~10月19日
布志名焼を自分なりの、今なりの取り組みにした犬山作品をお楽しみください。

詳細はこちらをクリック

第5回ギャラリー高瀬川主催 洋画展

10_youga.gif10月22日~10月30日
サムホールから10号の洋画の新作、グループでの発表会です。

詳細はこちらをクリック

日本画展 〜出雲ゆかりの画人作品を中心として〜

11_nihonga.gif11月2日~11月12日
描かれた自然の情景に日本画家のまなざしを感じます。

詳細はこちらをクリック

筆耕屋いちょう 原勝彦(島根県) 書作展

11_hara.jpg11月15日~11月24日
近代詩文をこよなく愛する書家・筆耕屋いちよう 原勝彦の初個展です。

詳細はこちらをクリック

高林淑子(東京都) 伊兵衛織展

11_ihei.gif11月26日~12月2日
単衣(ひとえ)で着る紬___伊兵衛織の着物を楽しむ。

詳細はこちらをクリック

山谷裕子・日本画展

12_yamatani.gif12月4日~12月10日
思いがけない災厄から、再び絵筆の握れる喜びにあふれた作品の発表です。

詳細はこちらをクリック

新春を寿ぐ 室礼展

12_shiturai.gif12月13日~12月23日
新しい年を迎える室礼(しつらい)のための種々のお道具を展示します。

詳細はこちらをクリック

gyara.jpg

〒693-0001 島根県出雲市今市町678
電話:0853-22-3188