HOME > 2002年 > 2003年ここから > 第12回こくたせいこ(京都市)染色展

ttl_kokuta.gif

こくたせいこさんの染色作品は、ろうけつ染めによるものです。
ろうけつ(臈纈)の技法は、古くは奈良時代の正倉院御物にも見られ、中国伝来の染色技法であったようです。
生地の上の染めない部分を、融かした蝋で伏せ、色を載せていきます。
蝋の載った生地は蒸すことで蝋を落とし、また、色を定着させます。色の重なりを表現するために蝋の作業が繰り返されます。刷毛で描いた蝋のかすれや、線のきわに、ろうけつ染め独特の面白味が生まれます。

作家・こくたせいこさんの作品は、心の赴くままに蝋で大胆な筆致で描かれ、線が生き生きしています。
布に載せた色彩のバランスは、近年、シックでナチュラルな方向へと変容しつつあるようです。
染められた布は洋服や着物・帯に仕立てられ、着用する人の体形や個性をも新しいものに生まれ変わらせるパワーを持っています。

msg_06.jpg
1946年 島根県平田市に生まれる
1969年 立命館大学文学部卒業
島根県の中学校で国語と美術を教える
1973年 京都でロウケツ染の石井章夫に師事
1976年 独立
以来 東京・京都・大阪・出雲で個展発表


05_kokuta_kokuta.jpg

msg_01.jpg
染めを始めて、三十年になる。
今、平面に染めたものを立体にすることで完成する仕事の面白さに夢中である。人が身にまとった時を思い描き、わくわくしながら作戦(?)を練る。そうしながらふと気づいたことがある。
服と着物に施すデザインが 急速に接近しつつあることだ。
この先どう変わるのか、スリリングな期待がある。

こくたせいこ

●こくた恵二Web国対室付属ギャラリー
http://www.kokuta-keiji.jp/
※「こだわり近畿こだわり京都 おせいさんの染織夜話」にエッセイが載っています。

自作の帯絽の帯紗の着物夫君のネクタイスーツスーツ

gyara.jpg

〒693-0001 島根県出雲市今市町678
電話:0853-22-3188