HOME > 2002年 > 2003年ここから > 筆耕屋いちょう 原勝彦(島根県) 書作展

ttl_harakatu.gif

墨と筆に親しみを覚えたのは、小学校の担任であった山本煮石先生に稽古をしてもらったことに始まります。稽古の日曜日が待ち遠しかった幼き日より今日還暦を越した齢まで、露ぞ離れることなく、わがくらしのたつきにさえ致した書の道を、いま、立ち止まり振り返るよすがにしようと書き溜めたものを並べることにしました。
好きな近代詩文を軸装・額装・風炉先屏風にまとめました。その詩歌の心情を、読み易い文字で作品化することをモットーとして日夜励んでいるところです。

11_hara_3.jpg
相田みつを・詩
「しあわせはいつも自分のこころがきめる」

11_hara_1.jpg
道元禅師の歌「春夏秋冬」

11_hara_8.jpg
高村光太郎の詩「鳩のうた」

gyara.jpg

〒693-0001 島根県出雲市今市町678
電話:0853-22-3188