HOME > 2002年 > 2003年ここから > 山谷裕子・日本画展

ttl_yamatani.gif

島根県に居を構えて13年目を迎えた平成13年5月、制作中に起きた火災により山谷裕子先生は、一命を取り留められたものの、再起までに辛く長い時間がかかりました。山谷先生の創作が島根に新風を吹き込んだといっても過言でないことに気が付き始めていた矢先の出来事で、作家活動の復活を願って「支援展」の開催もありました。このたびようやく、リハビリを兼ねて描かれた小品をお披露目するところまで参りました。出雲市の南山に囲まれた静かな、そして自然の営みが手に取れる環境の中で、新しい制作活動が始まっています。再起第一回目のこの展覧会に、身近な小動物・草花をモチーフとして極小作品から20号の作品まで70点余りを発表されます。

黄金虫キーウィーと蜂定家かずらタンポポ綿毛はぜきのこたち

msg_pro_yamatani.gif

歳もつまって参りました。
あれから2年余りとなり、火をくぐった時から世界が変わったように思います。まさに火炎の洗礼です。命以外の一切を焼き尽くした後のこの心の自由さは何なのでしょうか。身近なかそけき、はかないものの命、大きくは生きとし生けるものへの愛おしさと畏敬の念がより深まって、身辺のものや事柄がどんどん感動をもたらしてくれます。描きたい衝動が後遺症の苦痛をも軽くさせてくれており、それらをじっくりと観照し表現していきたいと思っております。
入院中より、そして退院後も力をお貸しくださった皆様の暖かいお心に感謝しない日はありません。ご支援・ご心配頂いた皆様に対し絵筆を再び取り始めたご報告をと思い、少しづつ描き溜めた作品を並べることに致しました。どうかご覧頂きますようご案内申し上げます。

出雲市所原町 山谷裕

12_yamatani_8.gif■画歴
・ 東京生まれ
・ 多摩美術大学日本画科卒
・ 新制作展にて新作家賞受賞
・ 現代日本美術展にて東京国立近代美術館賞受賞
・ シエル美術賞展にて佳作賞受賞
・ 2003年カルーゼル・

gyara.jpg

〒693-0001 島根県出雲市今市町678
電話:0853-22-3188