HOME > 2006年ここから > お盆のあかり展

06_bon.gif
06_bon-1.jpgお盆は、あかりを灯し、お香を焚き、お花を捧げて亡き人を偲び、家族縁者が集うひと時です。

盆提灯は祈りを捧げるお道具として、九州・八女地方や岐阜県や島根県において盛んに生産されています。近年の提灯は、祈りの光をいかに美しく表現するか、工夫も凝らされ美術工芸品として美しい形に進化して参りました。

ことに和紙を貼った提灯は何ものにも替え難い、たおやかで優しい光を生み出します。

ギャラリー高瀬川では当画廊で日本画を発表される作家氏に絵付けをお願いし、オリジナルな提灯を展示いたします。

06_bon-2.jpg

06_bon-3.jpg

06_bon-5.jpg

06_bon-6.jpg

イサム・ノグチが和紙を通した灯かりについて、かつてこんなコメントを残しています。

The light of AKARI is like the light of the sun filtered thru the paper of shoji. The harshness of electricity is thus transformed thru the magic of paper back to the light of our origin - the sun - so that its warmth may continue to fill our rooms at night.

Isamu Noguchi
11.17.1981

“AKARI”は障子の紙を通した太陽のひかりと同じです。むき出しの電気は和紙の魔術によって自然の光_太陽_となりました。
“AKARI”は私たちの夜を包むあたたかさとなることでしょう。

イサム・ノグチ

他にお盆にふさわしい掛け軸作品とお香を展示販売いたします。

06_bon-4.jpg

gyara.jpg

〒693-0001 島根県出雲市今市町678
電話:0853-22-3188