HOME > 2007年ここから > 端午節句展

03_tango.gif
2007年3月10日に島根県古代出雲歴史博物館がオープンしました。
開館記念特別展「神々の至宝 祈りのこころと美のかたち」の中に国宝・日御碕神社蔵白糸縅鎧が出展されています。
ギャラリー高瀬川のホームページ端午節句展2003年と2006年に紹介をしました兜はこの鎧から節句用に復元した作品です。
この機会に国宝の優美な姿をご覧いただきたく存じます。

男の子の健やかな成長を祝うお節句、端午節句に飾る品々を展示販売いたします。

戸外に飾る鯉幟や幟旗、屋内に飾る鎧・兜・武者人形を紹介します。

戸外の飾りは風に遭い、紫外線を浴び、時に雨に濡れ、という条件を考え、丈夫で堅牢な染めであることが大事になります。素材のしっかりとしたお品選びをお手伝いします。

屋内の飾りは、長く飾れる飽きのこない落ち着いた色彩で作られたもの、制作の手の確かなものをお勧めします。

五月の薫風を呑んで泳ぐ鯉幟と、りりしい若武者「北斗」の画像をご覧ください。

♪ 屋根より高い鯉幟
大きい真鯉はお父さん
小さい緋鯉は子供たち
面白そうに泳いでる
(近藤宮子 昭和6年作詞)

と童謡に歌い継がれていますが現代の鯉のぼりの組み合わせは、真鯉のお父さん、緋鯉のお母さん、青鯉の僕、弟が生れたら緑鯉とカラフルな家族の構成になりました。

03_tango-3.jpg
日本海の潮風を呑む優太くんの鯉のぼり

03_tango-2.jpg
横浜の空を泳ぐ悠登くんの鯉のぼり

03_tango-1.jpg
山間にはためく広大くんの武者幟

03_tango-4.jpg
立武者・北斗

gyara.jpg

〒693-0001 島根県出雲市今市町678
電話:0853-22-3188